TOCシンポジウム&TOCインダストリーフォーラム

Share

2020年度のカンファレンスは、「TOCシンポジウム&TOCインダストリーフォーラム」と題し、「日本TOC推進協議会」、「TOCPA-Japan」、「教育のためのTOC日本支部」、および「全体最適の行政マネジメント研究会」と共同で行う、オンライン開催となりました。

趣旨

わたしたちは、TOC(Theory of Constraint =制約理論)は課題解決のための普遍的で強力な理論であると考えています。同時に、普遍的で強力であるからこそ、それを使いこなし、現実の問題を解決するためには、多くの努力や工夫が必要であるとも考えています。

シンポジウムでは、TOCを活用し、現実の課題を解決していくために、私たちの仲間たちが今日まで実践してきた「TOCの学び方、目の前の現実に合わせてTOCを活用するための考え方、理論だけでは解決できない人間の問題への対応、テクノロジーの活用、他の理論や手法からの学び」などの挑戦と事例・実績を共有します。そして理論を「より実用的かつ実践的な手法へと昇華」していくための将来に向けた挑戦、そしてTOCの未来に向けた私たちの取り組みについて議論いたします。

開催要領

【使用するメディア】
ZOOM / YouTube(You-Tube:視聴のみ / ZOOM:ZOOM Webinarへの参加)

【日程】
2020年11月27日(金)~11月30日(月)<アーカイブ視聴期限2021年1月31日>

「TOCシンポジウム」と「TOCインダストリーフォーラム」の概要

【TOCシンポジウム】
教育、行政、公共、企業、職場、家庭、個人などの幅広い領域におけるTOC活用(主に思考プロセス)の取り組みを幅広く共有します。事例発表に加え、京都大学若林靖永教授、福知山青年会議所宇田川鎮生理事長、富士通宮田一雄シニアフェローによる講演を予定しています。
【TOCインダストリーフォーラム】
産業界におけるTOC活用(主にフローのアプリケーション)の取り組みを共有します。日本TOC推進協議会、日本TOC協会、TOCPA-Japanの三団体が監修する事例発表に加え、日揮ホールディングスの佐藤知一氏による講演、気鋭のコンサルタントによる知識体系アップデートセミナーを予定しています。

【プログラム】
スケジュール
※上記の予定は変更になる場合もあります。

参加方法・参加料

【参加方法】事前に申込・登録が必要です。
【参加料】
「TOCシンポジウム」のYouTube視聴:無料
「TOCシンポジウム」と「TOCインダストリーフォーラム」両方へのZOOM Webinarによる参加:2,000円(税込)
(*)日本TOC協会の会員は、「TOCシンポジウム+TOCインダストリーフォーラム」に所定人数まで無料招待いたします。
(**)それ以外の方は、10月中旬にオープンする申込サイト(こくちーず)にてお申込みください。

主催と共催、協賛

【主催】
TOCシンポジウム&TOCインダストリーフォーラム実行員会
 実行委員長:渡辺薫(日本TOC推進協議会理事長)
 実行副委員長:中村高志(日本TOC協会代表理事)
 事務局:日本TOC推進協議会事務局

【共催】
日本TOC協会、日本TOC推進協議会

【協賛】
株式会社ビーイングコンサルティング、株式会社エーラボ、株式会社ジュントスコンサルティング、ゴールシステムコンサルティング株式会社、株式会社日立製作所(順不同)

お問い合わせ(E-Mail)

JTA事務局

Share

Comments are closed.