企業内エキスパート育成プログラム(TOCAPP:TOC Applications Practitioner Program)

Share

プログラムの概要

本プログラムは、日本でTOCアプリケーションのプラクティショナーを育成することを目的とした教育プログラムです。「Sharing Experience」をモットーに世界のTOCプラクティショナーが集うTOCPA*TOC Practitioners Alliance)が提供するTOC Applications Practitioner Programをベースに、国内のTOCシニアコンサルタントが培ってきた知見を組み込んで、より実践的かつ日本人に理解しやすいプログラムにしました。

本プログラムは、下記の表に示したとおり、基本とオプションの複数のモジュールから構成されており、TOC全般をカバーする包括的な教育プログラムになっています。それらモジュールは、それぞれ数日間のセッションからなり、全体で約30日間のプログラムです。

各モジュールでは、各々の領域におけるTOCの知識体系とメソッドを習得していただくと共に、受講者が学習内容を実務に活かしていただけるよう、インプリメンテーションにおける専門的な経験知も共有されます。また、受講者には、ソリューションをインプリメンテーションするためのガイドラインが詳細に記述された教材が提供されます。そして、特定の問題を深く掘下げながら、受講者とのインタラクティブなやり取りを前提としてセッションを進行いたします。さらに、シミュレーターやゲームなどを使った実践的な問題演習、現実世界の経営的な意思決定等を取り扱います。

基本モジュール 所要日数 内容
Module1 2日

制約マネジメント

Module2 3日+3日

サプライチェーン

MTO MTA PTA DTAおよびデータ分析とモデリング

Module3 2~4日

プロジェクトマネジメント CCPM

Module4 4日+2日

思考プロセス

Module5 4日

現状分析とS&T

CRS:Current Reality Study

【修了認定について】上記モジュール1~5の受講後に筆記試験を実施し、合格者にはTOCPAから認定書が授与されます。

オプションモジュール 所要日数 内容
OP-Module1 2日

スループット会計

OP-Module2 2日

マーケティング&営業

OP-Module3 2日

小売ソリューション

*TOCPAは、TOCを実践するまたはTOCに興味がある人々のために、2011年に設立された非営利組織で、国際的に活発な活動を展開しています。TOCPAの目的は、それらの人々に対して、自らの知識を深めて、自らの組織や顧客にTOCを導入する中で実際直面する問題や困難を解決する機会と能力を提供することです。

1名1日当たりの受講料(税抜き)

一般の方 70,000円
会員の方 63,000円

※各モジュール1名当たりの受講料(税抜き)は「上記の金額 × 所要日数」です。

開催日程と受講料(税抜き、1名)

受講モジュール: 日数 開催日 受講料
一般 会員
モジュール1: 2日間 2019年1月10日~11日 140,000円 126,000円
モジュール2: 6日間 2019年2月14日~16日
2月21日~23日
420,000円 378,000円

各日の受講時間は10:00~17:00、受付けは開始30分前です。

モジュール1を修了していることが、モジュール2の受講要件となりますのでご注意ください。

詳しいアジェンダはパンフレットをご覧ください。
    JTA/TOCPA JOINT SCHOOL日本語パンフレット

他のモジュールについても、スケジュールが決まり次第、順次お知らせいたします。

受講お申込み

一般の方はこちらからお申込みください。

受講お申込み(一般)

会員の方はこちらからお申込みください。

受講お申込み(会員)

会場へのアクセス

東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル7F ㈱ビーイング セミナールーム

  • JR・小田急・京王・都営新宿線・地下鉄丸ノ内線:「新宿」駅徒歩約6分
  • 都営大江戸線:「新宿西口」駅D5出口徒歩約1分
  • 西武新宿線:「西武新宿」駅徒歩約5分

お問い合わせ

JTA/TOCPA JOINT SCHOOL PROGRAM 運営事務局

Share

Comments are closed.