目標達成仕掛け人育成コース

Share

本コースは、主に組織の責任者(経営者、部長、課長および部門の幹部候補生)を対象として、組織の目標の設定から、実行プランの策定と実行をドライブする「組織目標仕掛け人」を育成することを目的とする、8日間(2日間×4セッション)のコースです。

本コースの考え方

私たちは、組織としての目標を達成するためのプロセスは、次のようなものだと考えます。

 1.組織とそのSolution and strategy path questions and clear planning for ideas in business leadership with a straight path to success choosing the right strategic plan with yellow traffic signs cutting through a maze of highways.全体としての目標を体系的に把握する
 2.目標達成のシナリオを描く
 3.目標達成を阻害する障害への対応を考える
 4.障害への対応を組込んだ目標達成の実行シナリオを描く
 5.シナリオに基づく具体的な行動に関係者を巻き込む
 6.目標達成の活動状況をシナリオにフィードバックする
 7.達成できた結果と活動を振り返って、学ぶべき教訓を見つけて、その後の活動の質を向上する

本コースでは、特に上記1~5(目標達成の活動に組織を巻き込むまで)のところに重点を置いて、そのポインを理解して実効性のある実務的な技術を修得します。コースは、全4回のセッション(各回連続2日、合計で8日間)で、各セッションの間に職場での課題を挟んで、全体を有機的に繋いだ流れで行います。

  • 基本的な流れは、ウイリアム・デットマー氏(H. William Dettmer)が提唱するものに沿った「戦略IOマップ」から始まるTOC思考プロセスですが、重要な概念として「目標達成のプロセス」に焦点を置いて、目標達成のシナリオ構築にTOC思考プロセスを組み込んだ形のものです。
  • また、「問題解決プロフェッショナルコース」では、TOC思考プロセスの展開が中心でしたが、本コースでは、組織としての目標の設定とその達成を阻害する根底の障害要因(人的側面)への対応に力点を置いて、TOC思考プロセスのツール(論理ツリー)は必要に応じ簡便に使うのみに留めています。本コースで使う主なツールは次のとおりです。
     ・戦略IOマップ
     ・現状ツリー (但し、デットマー氏のものを参考にした簡易版)
     ・前提条件ツリー
     ・移行ツリーとクラウド(関係者の抵抗を克服するロジックとアクションの組立て)
    また、アイデアの整理には、リッチピクチャや親和図など、TOC思考プロセス以外のツールも合わせて使います。

本コースの流れ

セッション テーマ 研修内容
セッション-1
(2日)
目標の設定と
その達成シナリオの作成

☆オリエンテーション(コースの概要)
1.対象とする組織の範囲の決定と全体の概要把握
2.対象組織の目標の設定(既存、新規)
  (目標を体系的に捉える)
3.組織目標達成のシナリオの作成
  (戦略IOマップにて構造化・体系化)

職場

・戦略IOマップの見直し
・目標達成の障害(問題)の洗い出し

セッション-2
(2日)
目標達成を阻害する
本質的な問題の発見

☆前回のレビュー
1.問題解決のポイント(本質的な問題の発見)
2.洗い出した問題の吟味
3.重要問題の選定(5~7個)
4.重要問題の原因の追究
5.問題の全体構造の把握(因果関係づけ)
6.解決すべき本質的問題の設定

職場

・問題全体の構造の見直し
・解決のアイデア出し

セッション-3
(2日)
解決シナリオの策定

☆前回レビュー
1.解決アイデアの見直し(追加・修正)
2.アイデアの評価と選定(重要なもの5~7個)
3.各アイデアの実現に向けての障害対応の検討
   (中間目標の設定)
4.解決シナリオの作成(解決アイデアの体系化)

職場

・解決のアイデア詳細の検討
・解決策の実現に関係する人々の洗い出し

セッション-4
(2日)
解決シナリオ
実行プランの策定

☆前回レビュー
1.関係者分析
2.抵抗の打破(誰が、どんな抵抗を、それをどう打破するか…論理的に手順を検討)
3.フォロワー(解決策の実行者)への対応策
☆ 全体のまとめ (終了)

参考図書

ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
   エリヤフ・ゴールドラット  (著)、 三本木 亮 (翻訳)

ゴールドラット博士の論理思考プロセス―TOCで最強の会社を創り出せ!
   H.ウイリアム デトマー(著)、 内山 春幸 (翻訳)、 中井 洋子 (翻訳)

The Logical Thinking Process: A Systems Approach to Complex Problem Solving
   H. William Dettmer (著)

講師紹介

ishida

石田忠由 (いしだ ただよし)

バリューネットワーク代表
日本TOC協会 代表理事
TOCICO認定のTOCコンサルタント(Implementer)。
専門分野は、TOC思考プロセス、企業戦略立案支援、ファシリテーション、リーダーシップ等。

開催日程

開催場所

㈱ビーイング セミナールーム

東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル7F

  • JR・小田急・京王・都営新宿線・地下鉄丸ノ内線:「新宿」駅徒歩約6分
  • 都営大江戸線:「新宿西口」駅D5出口徒歩約1分
  • 西武新宿線:「西武新宿」駅徒歩約5分
Share

Comments are closed.