キャパシティ

【ブログVol.29】重要な意思決定に対するTOCの支援(DSTOC)

2016年3月14日
/
Comments Closed
Share

私は、人は自分では自分の作品の価値を証明できないという、ユダヤの古い格言を知っています。確かにそうですが、とても忙しい人々が貴重な時間を割いて、ほとんどすべてのビジネスにとって重要だと私が勝手に思っている話しを聞きに来て、演習を体験して、それについて議論してくれるのには、なぜか大いに興味をそそられてしまいます。

話しの内容についてはこのURLを見てください: http://tinyurl.com/p25dtat(訳注:https://www.youtube.com/watch?v=uv-90Nv3Ybk

elis_work_shop3

Share
続きを読む

【ブログVol.14】共同の意思決定プロセス

2016年2月24日
/
Comments Closed
Share

重要な意思決定にTとIおよびOEを使う  シリーズ第3部

Closeup of business people shaking hands over a deal

前回の記事では、正しい決定には直感に基づく判断材料が必要不可欠であることを示しました。ですから、どんなにしっかりした意思決定の仕組みであれ、問題に対して最も直感の利く人々の関与が絶対に必要です。

しかしそれでもまだ十分ではありません。さらに直感的な判断材料を様々考慮に入れて、目下の意思決定の影響をより広範にチェックする必要があるのです。そのチェックは、根拠のあるロジックに基づくものでなければならず、直感をコントロールするメカニズムであると同時により広い視野で考えられるようにするという、2つの役割を果たさなければなりません。

Share
続きを読む

【ブログVol.12】本当に良いチャンスなのか?

2016年2月22日
/
Comments Closed
Share

重要な意思決定にTとIおよびOEを使う  シリーズ第2部

チャンスまたは機会は様々な形で現れます。しかし、疑うのが無意味なほど良いチャンスには滅多にめぐり合えません。どんなに有望なチャンスに見えても、ほとんどは疑いが付き物です:それは本当にチャンスなのか、ひょっとしたら罠じゃないか?

Illustration depicting a phone with an opportunity concept.

Share
続きを読む

【ブログVol.11】コストを配賦すべきか、しないべきか - それが問題?

2016年2月22日
/
Comments Closed
Share

論点を明確にするための中継ぎの投稿

重要な意思決定にTとIおよびOEを使う  シリーズ第1.5部

前回はキャパシティのコストは線形ではなく連続でもないと言いました。しかし、特定のキャパシティの消費を特定の製品に関連付ける直接的な手段がない場合があまりに多すぎる事実は述べませんでした。その問題に対する原価計算の救済策は、製品の単位原価を計算する際、製品1単位に直接割り振れないキャパシティのコストを、直接労務のようなかなり恣意的なパラメータをベースにして配賦するというものです。

Berlin, Germany - April 17, 2013: View of an empty Berlin's Olympia Stadium built for the 1936 Summer Olympics.

競技場のコストは、チケットの枚数や試合の結果に基づいて配分しないといけないのだろうか?

Share
続きを読む