CCPM

ブログ

【ブログVol.86】概念実証のための正しい実証実験の追求

どんな変化(変革)にも、どれほど大きな利益・恩恵があると言われようが、何か悪いことが起きそうな不安が付きものです。といって、その不安は簡単に解消するのか、得られる利益に比べたら取るに足らないのか、証明しようにも実用的な方法が無い場...
ブログ

【ブログVol.85】よく知られたTOCのアプリケーションでTOCの熟練者が犯しやすい間違い

TOCのアプリケーションはどれも、ただレシピに従ってやればえばいい段階にはないと私は思います。確かに、SDBR、アベイラビリティ保証の見込生産(MTA: Make-to-availability)、消費同期の多頻度補充、CCPMに...
ブログ

【ブログVol.76】計画負荷の背後にある重要な情報

私が計画負荷(Planned-Load)という概念を考えついた当時は、私のMICSSシミュレータにも「あったら便利だが無くても済む」おまけ機能くらいにしか思っていませんでした。 そのMICSSは、生産管理に関わる様々なポリシーやアイデアを...
ブログ

【ブログVol.70】シンプルとは本当はどういうことなのか?

ゴールドラット博士は、どんな組織もそもそもシンプルでなければならないと仮定しました。この信念は、TOCの4本柱の1本で、私の考えでは最も重要なものです。しかし、それを人間の組織に当てはめようとすると、さらに新しい複雑な理論と正面か...
ブログ

【ブログVol.58】マルチタスクとマネージメント・アテンションという究極の制約

マルチタスキングがマルチプロジェクト環境に及ぼすダメージの大きさを認識したことは重要な洞察です。しかし、マルチタスキングが実際に害を与え始めるときの問題をもっと深く考えておいた方がよさそうです。 マルチタスキングとは、仕事の...
ブログ

【ブログVol.42】良い計画とは? 計画と実行の関係

ひとつの「計画」は意思決定と実行指針の集まりで、そのほとんどは、望む目標を達成するために将来のどの時点かで実行しないといけないものです。そして、どんな計画であれ、一番最初のミッションは、その計画の目的・目標、品質基準を含めた成果物...
ブログ

【ブログVol.39】DBR/SDBRの境界

DBR(Drum-Buffer-Rope:ドラム・バッファ・ロープ)は、TOCの製造向けの計画立案法です。この記事では、顧客が製品と数量、納期を指定する受注生産(MTO:Make-To-Order)のためのDBR/ SDBRについて述べま...
ブログ

【ブログVol.38】CCPMの境界

クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント(CCPM:Critical Chain Project Management)は、TOCで最も成功し広く知られたアプリケーションです。CCPMの最も際立った特徴は、不確実性への対処の仕方で、...
ブログ

【ブログVol.4】不確実性への対処においてTOCがこれまで成し遂げたこと

TOCは常に、日常的でどこにも必ず存在する不確実性に着目してきました。しかし、不確実性に対処するツールの全体的な波及効果を完全には一般化していませんでした。そこで、この記事では、DBR、CCPM、在庫補充のソリューションから生じる広範なイ...