保護能力

ブログ

【ブログVol.104】サプライチェーンを改善する目的と課題 - そして、もっと重大な幹部たち個人のジレンマ

サプライチェーンの改善には2つの領域があります:  顧客へのフローとサプライヤーからの供給フローを改善することで、自社のパフォーマンス(業績)を向上させる。最終の製品/サービスのエンドユーザーとそこに至るまでの様々多くの組織...
ブログ

【ブログVol.103】MTA(アベイラビリティ保証の見込生産)とMTO(受注生産)が混在した環境にうまく対処する

2000年ごろ、TOCに次のような重要な洞察が現れました: 数量と納期を指定した顧客からの注文と見込生産のための製造オーダーは、明確に区別しないといけない! これは、顧客の注文で生産する数量と見込みで生産する在庫の数量...
ブログ

【ブログVol.59】季節性に面と立ち向かう - まさに厄介な問題

季節性(シーズナリティ)に対する唯一の対処法は、需要の増加予測に合わせて各品目のバッファサイズを変えるしかない、というのが一般的な考え方です。つまり、ある商品SKU1の目標在庫が100で、シーズン中は100%の需要増が見込まれるな...
ブログ

【ブログVol.18】共同の意思決定:不確実性の影響全体のチェック

前回の記事では、市場に関する意思決定、能力プロファイル(Capacity profile)、そして、確かそうな選択肢をチェックしてより良い答えを得る方法の関連性を示しました。 前回の記事の例は、取り巻く不確実性が比較的小さい...
ブログ

【ブログVol.17】売上、キャパシティそして利益の改善

小さな織物メーカーG社は翌四半期の見通しを立てようとしています。同社は、何か思い切った決断をしないと、次の四半期の総スループット(T)は$485,465だろうと予測しています。しかし、その期間の総業務費用(OE)は$485,000で、税前...
ブログ

【ブログVol.16】保護能力とキャパシティバッファ

関係、違い、そして戦略的な影響 棚スペースと保護能力 常にキャパシティを需要に一致させるのは不可能だ! これは現在のすべての原価計算方式に対する挑戦のカギを握るTOCの重要な認識です。 以前の記事「キャパシティ・コストの...
ブログ

【ブログVol.14】共同の意思決定プロセス

重要な意思決定にTとIおよびOEを使う  シリーズ第3部 前回の記事では、正しい決定には直感に基づく判断材料が必要不可欠であることを示しました。ですから、どんなにしっかりした意思決定の仕組みであれ、問題に対して最も直感の利く...
ブログ

【ブログVol.10】キャパシティ・コストの非線形性

とその意思決定への影響 重要な意思決定にTとIおよびOEを使う  シリーズ第1部 一般に広く信じられているパラダイムへの挑戦が新たなチャンスを生む 物理学の用語にはあまり大げさな激しい言葉は使われません。しかし、...
ブログ

【ブログVol.4】不確実性への対処においてTOCがこれまで成し遂げたこと

TOCは常に、日常的でどこにも必ず存在する不確実性に着目してきました。しかし、不確実性に対処するツールの全体的な波及効果を完全には一般化していませんでした。そこで、この記事では、DBR、CCPM、在庫補充のソリューションから生じる広範なイ...
ブログ

【ブログVol.3】「日常的で避けられない不確実性」にまつわる問題

マネージャーがすべき意思決定すべてにリスクがあるかといえば、必ずしもそうではなくて、深刻な損失を被るものもあれば、相当の利益が得られるものもあります。実際そんなリスクが大きな意思決定は非常に稀です。私がいつも言うように、大部分の組...