4本柱

【ブログVol.113】複雑性と不確実性への挑戦

2018年5月11日
/
Comments Closed
Share

Solution and strategy path questions and clear planning for ideas in business leadership with a straight path to success choosing the right strategic plan with yellow traffic signs cutting through a maze of highways.

「あなたのビジネスの可能性を最大限引き出すのを邪魔する3つの過ち」と題した非常に興味深い記事をMickey Granot氏が掲載しています。詳細は https://www.linkedin.com/pulse/3-mistakes-prevent-exploiting-your-business-potential-mickey-granot/?published=t をご覧ください。そこでMickey氏が指摘している過ちは次のとおりです:

  1. あれこれと注意を発散するマネージメント
  2. 顧客の感じる価値の読み違い
  3. 評価尺度の誤用
Share
続きを読む

【ブログVol.108】コラボレーション、ウイン・ウイン、そしてTOC

2018年2月28日
/
Comments Closed
Share

Perfect business partnership as a connecting puzzle shaped as two trees in the form of human heads connecting together to complete each other as a corporate success metaphor for cooperation and agreement as equal partners.

この記事は、ほぼTOCICOのウェビナーの内容に沿ったものです。私たちは、このテーマは、特に重要な問題で、様々なアプローチがあるのを発見しました。

人はしばしば互いにコラボレーションします。その格好の目的は、家族や仲間、イデオロギー、安全、仕事です。互いに信頼し合う人々のコラボレーションなら、ウイン・ウインの達成は容易です。長期間コラボレーションを継続するにはウイン・ウインが必要なのです。時には、信頼できない人々と協力しないといけない場合もあります。でも、それは互いに差し迫った必要性があって不信を克服せざるを得ないときです。

Share
続きを読む

【ブログVol.94】変革途中の移行期の役割り

2017年6月19日
/
Comments Closed
Share

Dark clouds rolling away positive change transformation concept.

今回は、2011年のTOCICOカンファレンスでのプレゼンを振り返ってみたいと思います。大きな変革では、予期しない悪い影響や解明が必要な兆候が現れ易くなります。TOCを導入するには、マネージャーもその部下も、考え方を大きく変えないといけないのは確実です。私にすれば、この問題は、ゴールドラット博士が亡くなって6年経った今議論すべき、最も重要なテーマに見えます。なぜなら、その変革を成功させる責任は我々にあり、我々が今まで非常に慎重に構築してきた素晴らしいチェンジ・マネジメントプロセスでも判断できないほど大きな挑戦だからです。

Share
続きを読む

【ブログVol.70】シンプルとは本当はどういうことなのか?

2016年8月25日
/
Comments Closed
Share

Photo taken from underneath the silver "Bean" at Chicago Millenium Park shows abstract reflections in the sculpture.

ゴールドラット博士は、どんな組織もそもそもシンプルでなければならないと仮定しました。この信念は、TOCの4本柱の1本で、私の考えでは最も重要なものです。しかし、それを人間の組織に当てはめようとすると、さらに新しい複雑な理論と正面から衝突します。

注意:この記事では、目標(ゴール)があって顧客になにか製品やサービスを提供する組織だけを取り上げます

Share
続きを読む

【ブログVol.60】TOCとソフトウェア - その価値の探究

2016年7月6日
/
Comments Closed
Share

black African American ethnicity tired and frustrated woman working as secretary in stress at work office desk with computer laptop asking for help in business frustration concept

ソフトウェアは、神の祝福であると同時に呪いでもある。最近、ビッグデータ、インダストリー4.0、完璧な予測アルゴリズムといったものに、皆が大々的に駆り立てられているのは、ソフトウェアなら私たちが分からないことを教えてくれるはずだという期待の表れです。つまり、不確かさへの恐怖を和らげて、組織の真に最適な経営を実現して最高の業績の達成しようという希望を取り戻そうとしているのです。

Share
続きを読む

【ブログVol.50】「決して知っているとは言わない」という警句と(十分確かな)知識の限界

2016年5月6日
/
Comments Closed
Share

_EliSchragenheimBlog_POST50_fig

この「クラウド(対立解消図)」は、知識が限られた現実に生きる我々の一般的な対立(またはジレンマ)を表現したものです。ゴールドラット博士は「決して知っているとは言わない」という警句を作って、今現在の我々の理解に疑問を投げる兆候を常に探して、新たなパフォーマンスの飛躍の準備をしておけと教えました。しかし問題は、知識の限界を認めることは、しなくてよいことは何もせず済ますために、自分の「居心地の良いゾーン」の外の意思決定は一切しないという、麻痺症状を引き起こすかもしれないことです。自分の快適ゾーンでしか策を講じないのは、対立に対する妥協の蔓延に繋がります。

Share
続きを読む

【ブログVol.44】TOCの境界 「TOCではないもの」とは一体何なのだろう?

2016年4月15日
/
Comments Closed
Share

コロンビア出身のTOCの専門家で私の同僚Alfonso Navarro氏は、誰かTOCの方法論に異論を唱えて、大きな変化を提案したり、一度も議論されたことがない新しい考えを提起したりすると、「それはTOCではありません!」と切り返しているとこぼしていました。Alfonso氏の心配は、そうするのは、異論のある人々に、自分の考えややり方は自分の胸にしまっておいて、他人に教えるなと言うようなものだということです。

Umbrella icon as a symbol of umbrella

Share
続きを読む

70歳にもなってブログを書く理由

2015年12月9日
/
Comments Closed
Share

私は娘のHadasに協力してもらってこのブログを立ち上げました。理由は単純で、私は組織の経営のあり方にインパクトを与えたいのです。

私がゴールドラット博士から学んできたことは、私自身がさらに学ぶ助けになるのはもちろん、その学習自体を世界中の人々の役に立てられるはずだと、私は心から信じています。組織の経営に関心があり、これに耳を傾ける勇気のある人なら、自分なりにそれを消化し、おそらく自分の主張もして、そこから何を吸収するか自分で決めるはずです。

Share
続きを読む

Inherent Simplicity

2015年3月20日
/
Comments Closed
Share

ものごとはそもそもシンプルである。

TOC(制約理論)の4本柱のひとつ。現実は複雑だと決めつけないで、見方を変えればシンプルなはずだと考えることが重要である。そうすれば誰も思いつかないような素晴らしい解決策が必ず見つかる。

続きを読む

Share
続きを読む

Every Conflict Can Be Removed

2015年3月20日
/
Comments Closed
Share

どんな対立も解消できる。

TOC(制約理論)の4本柱のひとつ。対立するのが当たり前だと決めつけず、対立は必ず解消できると信じて、Win-Winの関係を築くことが重要である。そうすれば誰も思いつかないような素晴らしい解決策が必ず見つかる。

Inherent Simplicity

ものごとはそもそもシンプルである

Every Conflict Can Be Removed

どんな対立も解消できる

People Are Good

人はそもそも善良である

Never Say “I KNOW”

決して“知っている” と言わない(分かった気になるな!)

Share
続きを読む

People Are Good

2015年3月20日
/
Comments Closed
Share

人はそもそも善良である。

TOC(制約理論)の4本柱のひとつ。人を責めず、人はそもそも善良であると信じて考えることが重要である。そうすれば誰も思いつかないような素晴らしい解決策が必ず見つかる。

Inherent Simplicity

ものごとはそもそもシンプルである

Every Conflict Can Be Removed

どんな対立も解消できる

People Are Good

人はそもそも善良である

Never Say “I KNOW”

決して“知っている” と言わない(分かった気になるな!)

Share
続きを読む