制約

【ブログVol.97】医療における共通の対立とその深刻な結果

2017年8月24日
/
Comments Closed
Share

生と死、そしてお金を扱う上での共通の難しい対立があり、医療機関の経営は非常に困難です。対立で感情が激しくかき乱されて、オープンで筋の通った議論がほとんどできなくなるほどです。そういう状態では事態が悪化するばかりです。

ゴールドラット博士は、経営者とマネージャーは、複雑性不確実性対立という3つの重大な恐怖に支配されていると言いました。マネージャーと経営者(指導者)は、結局この領域への対処能力で評価されるのです。

Share
続きを読む

【ブログVol.96】もっと多く達成しようとする組織を邪魔するのは、いったい何なのか?

2017年8月1日
/
Comments Closed
Share

制約と中核問題(Core Problem)の違い

このタイトルの疑問は、組織で働くマネージャーとコンサルタントは皆、常に自問自答すべきものです。また、この疑問は、組織のゴール(目標)に焦点を当てたものです。ですので、その答えを得るには、今現在組織全体のパフォーマンスを制限している、相対的に一番弱いところを見つけないといけません。

Share
続きを読む

【ブログVol.91】厳しい資金繰りからの脱出

2017年5月25日
/
Comments Closed
Share

Water drop with a dollar sign inside. Money down the drain, or visualizing the cost of wasting water.

この記事はRavi Gilani氏と私Eli Schragenheimの共著です。

破産したか破産寸前の会社のどこを見ても、資金(現金)は必須のリソースだと思い知らされます。

一般的に言えば、公的組織でも資金が最終的な制約になります。なぜなら、非営利団体である公共の組織が提供できる最大の価値は、予算で決まるからです。営利組織でも、資金不足でスループットが抑えられるほど運転資金が圧迫されることがあります。

この記事では、資金不足が存続の直接的な脅威になっている会社に焦点を当てます。この種の資金制約は、直ちにその制約から脱出する方法を絶対に見つけないとならない特別な状況です。

Share
続きを読む

【ブログVol.89】ユナイテッド航空は、最近の失態から何を学ばないといけないのか?

2017年4月25日
/
Comments Closed
Share

私たち将来の乗客は何を学ばないといけないのか?

そして、他の航空会社は何を学ぶべきか?

本当の問題は野蛮な行為があったことではありません。ユナイテッド航空(または某XYZ航空)は、「あれは私たちではありません。現地当局です、警察か治安当局です。」と釈明しました。実は乗客が誰であれ本当のメッセージは次のとおりです:

「私たちXYZ航空は、お客様が有効な航空券をお持ちで、さらに弊社がしないといけないもっと重要なことが何もなければ、ほぼ間違いなく、目的地までの飛行機に予定通りお客様をお乗せいたします。しかし、万一私たちXYZ航空がお客様を予定通りお乗せできない場合、当局がお客様にその弁償をするかしないかは定かではありません。」

Share
続きを読む

【ブログVol.78】Small-TOCとBig-TOC - TOCの忌々しい重大な問題への取り組み

2016年11月16日
/
Comments Closed
Share

TOCは今岐路に立っています。製品とサービスのフローを改善してデリバリの信頼性を高めるための、よく知られ明確に定義された方法論が既にあります。それと同時に、我々はゴールドラット博士から、因果関係を分析するツールをちゃんと使って、組織の成功を邪魔している一番の問題を突き止めて、将来起き得る悪い影響を示し、今当前と思われている間違った仮定を覆して、新しい勝利の戦略を見つけなさいと教えられてきました。因みに、クリティカルな問題が必ずしも製品やサービスのフローを害するものだとは限りません。多くの場合、それはそもそも間違った市場の選択にあり、市場のニーズを見誤ったか、従業員のモチベーションを削いだことにあります。

Share
続きを読む

【ブログVol.37】短期と長期のTOCあるいは2つの重要なフロー

2016年3月30日
/
Comments Closed
Share
Jonction Rhone Arve rivers, different colors, Geneva, Switzerland

それぞれ別の制約に制限された異なるフロー

これまでTOCは短期にしかフォーカスしていないと批判されてきました。その最大活用スキームに他のすべてを従属させると同時に、能力制約(CCR:Capacity Constraints)を最大活用するというのは、短期的に見れば、より多くのゴールを最も早く効果的に達成できる典型的な方法です。

一方、長期的に見ると、すでに制約を最大活用できており、制約以外がちゃんと制約に従属しているとすれば、我々には制約を強化するしかやることが無くなります。そうすると制約は市場に移ります。そうしたら、マフィアオファー(余りに魅力的で断り切れない提案)を用いて市場を拡大(最大活用)して、制約を再び自分の側に引き戻す、以下同様、・・・。これが、5段階集中プロセス(5 Focusing Steps)が長期的にどう機能するかの古典的な説明です。(訳注:制約が移動する度にパフォーマンスが不連続に飛躍するので、そのサイクルを回せばよいという論理)

Share
続きを読む

【ブログVol.19】力試しの謎解きか、それとも単なる知的訓練か

2016年2月26日
/
Comments Closed
Share

今回の話しはある画廊の話で、何をすべきか私たちにはなんとなく分かる普通の「TOC環境」とはまったく違います。ですので、 TOCの知識は必要ないですが指針にはなります

どうかあなたの意見を私の電子メールelischragenheim@gmail.com宛てに送るか、このブログでコメントを入力してください。

この話題について投稿するいずれかの記事で私の意見を申し上げる以外、何もお礼を差し上げることはできませんが、どうかお許しください。

Share
続きを読む

【ブログVol.15】制約の簡単な歴史

2016年2月24日
/
Comments Closed
Share

A chain and magnifying glass on white

「制約」の適切なTOCの定義は何かをめぐる最近の議論をみて、制約に対するゴールドラット博士の姿勢の発展的変化をクローズアップして、その歴史的事実を簡単に振り返ってみたくなりました。

Share
続きを読む