ブログ

ブログ

【ブログVol.99】オペレーションは大幅に改善した。 さあ、次はどうしよう?

これまでの主なTOCアプリケーションは、市場に至る価値の流れ(フロー)を改善することに焦点を当ててきました。実際、5段階集中プロセス、DBR、CCPMそしてTOC流の補充はすべて、顧客への信頼性の高いデリバリを達成するのが目的です...
ブログ

【ブログVol.98】最も難しい経営スキルを養う

マネージャー皆に不可欠な本当に重要なスキルが1つありますが、その要件を満たすレベルのスキルを持った人はほとんどいません。人を率いて定めた目標を達成する、あるいは、事業開発その他戦略上の課題に重点的に取り組む、または、製品の独自の価...
ブログ

【ブログVol.97】医療における共通の対立とその深刻な結果

生と死、そしてお金を扱う上での共通の難しい対立があり、医療機関の経営は非常に困難です。対立で感情が激しくかき乱されて、オープンで筋の通った議論がほとんどできなくなるほどです。そういう状態では事態が悪化するばかりです。 ゴールドラット...
ブログ

【ブログVol.96】もっと多く達成しようとする組織を邪魔するのは、いったい何なのか?

制約と中核問題(Core Problem)の違い 組織で働くマネージャーとコンサルタントは皆、常に、このタイトルの疑問を自問自答すべきです。また、この疑問は、組織のゴール(目標)にフォーカスを当てたものです。ですから、その問いに答え...
ブログ

【ブログVol.95】経営上の必要性と「掌握できている」ような錯覚

不確かな状況に居るのは怖い。私たちは、莫大な労力を注いで、未来を予想し、可能な限り本当に悪い結果を避けようとしています。人は、迷信を使って、確かな未来を描いて、きっとそう酷いことにはならないはずだと思い込もうとします。また、統計を用いてそ...
ブログ

【ブログVol.94】変革途中の移行期の役割り

今回は、2011年のTOCICOカンファレンスでのプレゼンを振り返ってみたいと思います。大きな変革では、予期しない悪い影響や解明が必要な兆候が現れ易くなります。TOCを導入するには、マネージャーもその部下も、考え方を大きく変えない...
ブログ

【ブログVol.93】そもそも、組織経営という人文科学の分野で、何故、ゴールドラット博士が真の天才になれたのか?

優秀な人はたくさんいます。それに対して、実務ができる指導者はごく少数で、ほとんどは優秀で頭脳明晰ではありませんが、ゴールを達成するとなればカリスマ的で有能です。有能な指導者は、自分の選んだゴールの達成を優秀な人々が助けたくなるよう...
ブログ

【ブログVol.92】オンラインストアが超えないといけない大きな障害

私Eli SchragenheimとHenry Camp氏共同の投稿です。 電子商取引は、様々な多くの市場セグメントで実質の付加価値を提供しています。この新しい技術の価値については、「新技術に対する6つの質問をオンラインスト...
ブログ

【ブログVol.91】厳しい資金繰りからの脱出

この記事はRavi Gilani氏と私Eli Schragenheimの共著です。 破産したか破産寸前の会社のどこを見ても、資金(現金)は必須のリソースだと思い知らされます。 一般的に言えば、公的組織でも資金が最終的な...
ブログ

【ブログVol.90】新技術に対する6つの質問をオンラインストアに当てはめたらどうなるか

Amazonは小売りに大きな変化をもたらし、大きな小売チェーンは皆それを感じとっています。それは小売チェーンを完全には淘汰できなくても、オンラインで購入できるのは破壊的テクノロジーです。問題は、経済的に存続可能な状態を維持するため...